トップ / 学校の休み期間の過ごし方

学校の休み期間の過ごし方

学校の休み期間の体験

学校の冬休み期間を有意義に

学校の冬休みの期間は地方によって違います。首都圏などでは2週間くらいですが、長い所だと1ヶ月位のところもあります。そこで休みをどの様に有意義に過ごすかという事を考えると、冬にしか体験できない経験をするというのも良さそうです。学校からプリントが配布されてきますが、その中にキャンプや合宿のプリントも時々入って来るので、その様なイベントに参加するのも良いでしょう。例えばスキー合宿や自然を体感するツアーなどといった様に、子供だけが参加できるイベントで知ら無い人ともコミュニケーションをとりながら友達になったりします。親元から離れて過ごすことは子供にとって貴重な経験でもあります。

冬休み中の子供への親の対応

幼稚園や学校の冬休みは大みそかや正月などの行事があるせいか、意外にあっさりと終わってしまいます。日中いなかった園児や児童がしっかりと家にいる状態は、親にとっては正直大変です。しかし親の方がイヤイヤな状態で冬休みを過ごしてしまうと、子供は自宅での居場所がなくなってしまいます。学校に行っていては出来ないことを考え、少しだけ密な親子時間を作ることが出来ると楽しく過ごせます。何かを作ることや何かを成し遂げることで、親子関係も親密になり普段聞けなかった話や子供の新たな発見を見つけられることもあります。それにかかる準備は大変ですが、達成した時は2人で喜び合うことができるのでいい思い出ともなります。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校への避難を学ぼう. All rights reserved.