トップ / 学校の入学試験の難易度

学校の入学試験の難易度

学校の入試の難易度

偏差値理解して学校選びすべき

入学試験を経て学校に入学する際、入試の難易度として、偏差値が重要です。それは、なにも、入試などの試験でしか使われない数値ではありません。母数全体の中央値を50として、中央値からどれほどプラス、若しくは、マイナスで離れているかを表す数値です。よって、母数の学力レベルで、かなり左右されます。例えば、その都道府県全体の中の学力のそれが50だとしても、学力の高い学校に通っている場合、その中では40になることもあります。また、その逆も然りです。よって、偏差値を参考にする場合、その母数たる模試のレベルをしっかり確認すべきです。

偏差値で志望校を決める場合

高校や大学などを受験するときに、参考にするものの1つとして偏差値があります。偏差値を基準にして受験する学校を選ぶときには、自分と同レベルか少し高いところを目指す方が、後々の学校生活を豊かなものにできる可能性が高いです。仮に、自分のレベルよりも低いところに合格して、苦労することもなく上位の成績で過ごすことも選択肢の1つではありますが、楽をしている分だけ自分の成長を止めてしまいます。一方、同レベルのところには、自分と思考が似ている人が集まるものです。友人を作る上で、気の合う仲間と出会える可能性が高いものですし、少しレベルが高いところでは、自分を高めてくれる仲間と出会える可能性が高くなります。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校への避難を学ぼう. All rights reserved.